ホーム » 媒介契約の種類

媒介契約の種類

あらかじめ把握しておくと、あとで予定外の出費に悩まされずに済みます。

不動産を売却(購入)する場合、不動産業者との間で「媒介契約」を締結することになります。
この媒介契約には、以下の3種類があります。

媒介契約の種類

媒介契約の種類 専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への依頼 × ×
自ら発見した相手との
直接契約
×
依頼者への報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 報告義務はない
指定流通機構への登録 媒介契約締結から
5日以内
媒介契約締結から
7日以内
登録義務はない
(任意での登録は可)

「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」は似ているので、次に「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の特徴を記載します。 

一般媒介契約の特徴は以下のとおりです。

メリット ・・・ ①他社と競わせることができる。
デメリット ・・・ ①仕事になるとは限らないので、不動産会社の力の入れ方が、専任よりも劣る。
②レインズという業者間の情報システムへの登録義務がない。
③不動産会社に進捗状況の報告義務がない。
④たとえ売れなくても、担当者がプレッシャーを感じない。
⑤複数の不動産会社からの情報整理が難しい。

反対に専任媒介契約の特徴は以下のとおりです。

メリット ・・・ ①少なくとも売主様からの手数料が入るので、 一般よりも力を入れて買い手を探す。
②レインズへの登録義務があるので、より多くの業者に情報が流れる可能性がある。
③売主様への報告義務がある。
デメリット ・・・ ①悪い不動産会社に依頼すると、情報を独り占めにしてしまう。
②他社との競争がない。

弊社では、できるだけ専任をお願いしています。

「会社」ではなく、信頼できる「担当者」を見つけ、専任媒介を依頼するのが、より早く、より高い価格で売却することにつながると考えます。