はじめて不動産の売却・買取を希望される方へ

  • TOP
  • はじめて不動産の売却・買取を希望される方へ

はじめて不動産を売却・買取される方へ

basic

江別市・北広島市・札幌市で不動産売却のお手伝いをしている「株式会社CREST」です。このページでは、初めて不動産を売却・買取を希望される方へ、知っておくと非常に役立つ情報をご紹介しております。不動産売却・買取をご検討の際には、ぜひご一読ください。

不動産(家や土地)を売るときの「考え方」が大切です

周辺地域の相場を確認しておきましょう

周辺地域の相場を確認しておきましょう

不動産を売却する際にまず知っておきたいのは、周辺地域で実際に取引されている価格「実勢価格」です。この価格帯を把握しておくことにより、売却スピードや売却後の満足感が変わってきます。それぞれのエリアによって「売れる価格帯」というものがあり、とくに中古住宅の場合には、その価格帯からはずれるといつまでも売れ残ってしまうことがあります。また、算出された査定額に「不当に安く評価された」と感じ、実際には適正価格で販売されたとしても損をした気分になり、後々まで不満が残ってしまうケースも。そのため、価格相場はしっかりと把握しておくのが安心です。

売却・買取価格に対する基礎的な考え方を把握しましょう

売却・買取価格に対する基礎的な考え方を把握しましょう

不動産には同じものが二つと存在しないため、同じ地域で同じ間取りでも価格が異なることや、同じ棟のマンションでさえも状況によって価格が変わることを知っておきましょう。また、取引する時期も価格に大きく影響します。そのため、市場全体の動向にも注意が必要です。さらに不動産売買とは、最終的には売り主様と買い主様の「合意」があることが前提です。個別に希望条件を調整していき、合意に至った時に初めて価格が確定します。そのため、誠実に交渉を重ね、自分自身が納得して取引を行うことが重要です。

お持ちの家や土地の「良いところ」「悪いところ」は言えますか?

お持ちの家や土地の「良いところ」「悪いところ」は言えますか?

自宅の「良いところ」・「悪いところ」をすべて把握しておくことは重要です。物件を冷静に見つめ直し、「自分がこの家を買うなら」という買い主目線で客観視してみましょう。そして、アピールポイントや欠点を箇条書きで書き出してみてください。例えば、地域や利便性、広さ、間取り、築年数、設備など、ご自身で住宅情報を探す際にも注視される部分を挙げていきます。すると不動産の見方も変わり、良い部分を強くアピールできるようになるのです。これにより、買い主候補様の興味にも繋がるため、不動産の売却時に役立てることができます。

できるだけ買い主様の気持ちも考えながら、価格を設定しましょう

できるだけ買い主様の気持ちも考えながら、価格を設定しましょう

販売期間が長期に渡っている不動産の場合、買い主様からは「かなり前からずっと掲載されている」「売れ残り物件」といった印象をもたれてしまいます。そのため、売出し開始から3ヶ月程度までは査定価格での成約が可能であったのに対し、6ヶ月目以降には査定価格での成約がどんどん困難になってきてしまいます。このように、販売期間が経過するとともに「成約できる可能性がある価格」が下がってしまうため、不動産の売却における「スピード感」は重要なポイントです。適正な不動産価格を設定することで、早期売却を目指しましょう。

株式会社CRESTでは、査定額を「買取価格」と「相場額」で提示することが可能です

株式会社CRESTでは、査定額を「買取価格」と「相場額」で提示することが可能です

査定では「買取価格」での提示が基本ですが、当社ではお客様にご希望いただければ「相場額」を提示することが可能です。不動産売買にはスピード感が重要であるため、提示金額がお客様のご意向に沿わない場合があります。そのため、買取価格だけではなく、一般市場で取引される相場額も知っていただくことで、納得の上お取引を進めていただけます。お客様のご意向に沿った対応を心がけておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

「株式会社CREST」が多くのお客様から選ばれている理由を、下記のリンクよりご紹介しております。

選ばれる理由

不動産(家や土地)を売却するときにかかる費用や税金

不動産(家や土地)を売るときは、さまざまな費用がかかります

※表は左右にスクロールして確認することができます。

仲介手数料
(仲介売却の場合)
不動産の売買契約が成立した時に、不動産会社によって請求される「成功報酬」です。物件の売買契約成立時に仲介手数料全額の50%を払い、物件の引き渡し時に残りの50%を払うのが一般的です。「売買価格×3%+6万円×消費税(物件価格が400万円以上の場合)」として計算されます。 住所変更登記費用 売却の際には、不動産登記簿上の住所を現住所にする必要があります。変更登記を司法書士に依頼する場合、2~5万円程度が必要です。
抵当権抹消費用
(該当者のみ)
売却する不動産を担保に借り入れを行っている場合、借入銀行がその土地や家、マンションに抵当権を設定しています。売却時には借入金を全額返済し、抵当権を抹消する必要があるため、その手続きに費用が必要です。 ローン返済費 抵当権の抹消が必要となるため、売却時は住宅ローンを必ず全額返済する必要があります。全額繰上げ返済を希望する日付を銀行へ申し出ると、必要な費用を計算してくれます。
証明書発行費 契約を結ぶ際には証明書の提出が必要です。大きな金額ではありませんが、「印鑑証明書」や「住民票」などの証明書の交付を受けるのに、証明書発行費が必要です。費用は市町村で異なります。 引越し費・処分費 住んでいる不動産を売却に出す場合には、引越し費用が必要です。売却のタイミングによっては仮住まいを用意する必要もあります。家具や家電などを廃棄する際には処分費用もかかります。
費用に合わせて税金もかかります

※表は左右にスクロールして確認することができます。

印紙税 不動産売買契約書に印紙税が課税されます。買い主様と売り主様1通ずつ作る場合には、それぞれに必要です。印紙税の額は、不動産売買契約書に記載されている金額によって異なります。例えば、500~1000万円は5,000円、1000万円~5000万は1万円、5000万~1億は3万円となります。 譲渡所得税 不動産の売却に伴う利益に対して課税されるのが「譲渡所得税」です。所有期間が5年以下であれば譲渡所得の39.63%、5年超の場合は譲渡所得の20.315%が課税されます。マイホームを売却した場合は、特別控除や軽減税率の特例があります。
「不動産買取」なら、仲介手数料がかからない&即現金化が可能です

「不動産買取」なら、仲介手数料がかからない&即現金化が可能です

不動産の仲介売却には仲介手数料が必要ですが、不動産買取の場合には仲介手数料は発生しません。例えば、売却価格が2000万円であった場合、仲介手数料(消費税含む)は66万となりますが、不動産買取ではこの負担がなくなります。
また他のメリットとして、不動産買取は不動産会社が直接買い主となるため、買い主様を探す期間が不要です。内覧対応も行わなくて済み、物件をすぐに現金化することができます。
不動産の売却をできるだけ早く、そしてスムーズな現金化を希望されるお客様の場合は、不動産買取がおすすめです。

お客様からよくいただくご質問にお答えします

不動産売却(仲介・買取)全般について
売却したい家に住み続けながら売却を進めることはできますか?
できます。そのまま住み続けながら売却を進めることは可能ですが、購入希望者が内覧をご希望された場合には、お住まいをご案内させていただくことがありますので、ご協力お願いします。
不動産売却・買取に必要となる書類を教えて下さい。
売却前には、「登記済権利証または登記識別情報」「間取り図面」「購入時の不動産売買契約書」「土地の測量図面」「購入時のパンフレット」などがあるとスムーズです。また売却時には、売却されるご本人の「身分証明書」「印鑑証明書」「実印」が必要です。ただし、現住所と登記上の住所が異なる場合は、「住民票」や他の書類が必要になる場合があります。
売却する前にリフォームが必要ですか?
物件があまりにも古い場合や汚れている場合には、リフォームやクリーニングを行うことでより高値での売却が見込めますが、多額のリフォーム代金をご用意いただく必要があることや、リフォーム実施のために売出時期が遅くなります。そのため、多くの方が現状での売却を行っています。ご不安であれば、ぜひお気軽にご相談ください。
途中で売却することを中止した場合にも仲介手数料が必要ですか?
仲介手数料は、売却が成立したことにより発生する成功報酬です。そのため、売買が成約しなかった場合には仲介手数料を支払っていただくことはありません。
短期間で売却まで完了したいのですが、可能ですか?
売出価格を下げることで早期売却ができる可能性が高まります。また、不動産会社が直接買い取る不動産買取の場合は即現金化が可能ですので、お急ぎの方に選ばれています。
不動産の査定に関すること
査定について知りたい
査定には2種類の方法があり、直接現地を訪問して行う「訪問査定」、お電話等でお話をお伺いして行う簡易的な「机上査定」があります。机上査定では、市場の動向や周辺の売出し実例、成約事例等を踏まえ、おおよその査定額を算出します。訪問査定では実際の物件の状態を確認し、より具体的な売出価格をご提示します。
査定価格で必ず売り出さないといけませんか?
査定価格は売り出すための参考価格ですので、必ず査定価格で売り出す必要はありません。売出価格については、担当者とよく相談しながら決めていただけます。しかし、査定価格は不動産取引のプロが客観的に物件を評価した適正価格を算出したものです。査定額を大幅に上回る価格で売り出すことも可能ではありますが、売れずになかなか買い手が見つからないおそれがあることをご承知ください。
査定を依頼するのに費用は必要ですか?
査定は無料で行っております。査定時に、お客様からのご相談やご質問にお答えすることも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
不動産を売却する際にかかる費用や税金について
広告などの宣伝費用の負担はありますか?
通常の広告費用を売り主様へご負担していただくことはありません。ただし、特別な広告の掲載をご希望される場合には実費をご負担いただきます。その際には、料金などご相談の上で広告致します。
不動産の売却に必要な費用を教えてほしい
仲介業者への報酬として「仲介手数料」、所有権移転前に必要な「住所変更登記費用」や抵当権抹消などの手続きでは「抵当権の抹消費用」、譲渡所得税や住民税、契約書に貼付するの印紙税などの「税金」が必要となります。また、事情によっては他にも費用が生じることがありますので、売却前に担当者までご確認ください。
不動産を売却すると確定申告が必要になりますか?
住宅や土地など、不動産を売却した際の所得である譲渡所得の金額に対して「譲渡所得税」がかかります。そのため、不動産を売却した翌年に、確定申告する必要があります。
遠方のお客様でも、まずはお問い合わせ下さい

遠方のお客様でも、まずはお問い合わせ下さい

ご実家などの不動産売却を希望されるお客様の中には、「居住地は遠方なので訪問するのが難しい」という方も少なくありません。また、コロナ禍で現地への移動を控えたいという方も多くいらっしゃいます。このように現地に赴くことが困難な方も、まずは当社までお気軽にご相談ください。当社ではオンラインを使った打ち合わせも行っており、お客様のご要望やご状況に合わせて柔軟に対応させていただいております。ご相談やご質問など、些細なことでもかまいませんので、ぜひお問い合わせください。