ホーム » 仲介と買取のちがい

仲介と買取のちがい

あらかじめ、ケースに応じたメリットとデメリットを把握しておきましょう。

不動産の売却をする場合の方法として、「仲介」と「買取」の2種類があります。
そして、一般的には「仲介」を依頼されるケースが多いです。

 

仲介

「仲介」は不動産会社が、紙媒体の広告やインターネット、他の不動産会社とのネットワークなどを通じて、購入希望のお客様とのマッチング(引き合わせ)を行うことです。

すぐに購入希望者が見つかれば良いのですが、物件の状況と売出し価格のバランスが悪いことなどによって、なかなか条件にあった人が見つからないことも多いです。

 

買取

一方、確実に売却する方法として「買取」があります。
「買取」は、一般的には転売することを前提に、不動産会社が物件を買い取るものです。
転売を前提としていますので、「仲介」で売れる価格よりも「買取」価格は安くなります。

メリットとしては、早く確実に売却できることです。
また、不動産会社が買い取るので、仲介手数料(売買価格×3%+6万円〔別途消費税〕)が不要です。

 

つまり一般的には、

じっくり待つ時間のゆとりがあり、少しでも高く売りたい方は「仲介

多少安くても、早く確実に売りたい方は「買取

となります。