ホーム » 任意売却について

任意売却について

住宅ローン返済にお困りの方、自ら行動することによる解決方法があります。

 

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている債務者と、融資した銀行などの金融機関との合意に基づいて、返済が困難になった不動産を売却する手続きのことです。

住宅ローンなどの支払いが何らかの理由で困難になった場合には、金融機関などの債権者が担保不動産を差し押さえ、不動産競売の申立てを行います。
競売になる前に債権者の合意を受けたうえで、返済しきれない債務を残したままで一般市場で売却することを一般に任意売却と呼んでいます。

 

任意売却のメリット

債権者である金融機関のメリットは、「競売よりも任意売却の方が、若干多く融資金を回収できる」ということです。

債務者である売主様にとってのメリットは、「競売よりも残債務を減らすことができる」ことと「売却後の残債務の返済について、柔軟に対応してもらえる」ことがあげられます。
また、話し合いにより、債権者から引越し費用などを融通してもらえることもあります。

「任意売却」という言葉のとおり、競売のように強制的な処分ではありません。
返済できなくなってから何もしなければ、近いうちに競売となることは避けられないでしょう。
任意売却で早めに処理をするのか、条件の厳しい競売手続きを待つのかは、債務者である売主様の気持ち次第です。