ローン返済でお悩みの方(任意売却)

  • TOP
  • ローン返済でお悩みの方(任意売却)

ローン返済でお悩みの方(任意売却)

loan

江別市・北広島市・札幌市で不動産売却のお手伝いをしている「株式会社CREST」では、ローン返済でお悩みの方にご利用いただける任意売却を承っております。お客様のご状況やご希望に合わせた売却・買取プランのご提案が可能です。大切な資産が競売にかけられてしまう前に、ぜひ当社までお早めにご相談ください。

どうしても家を売らないといけなくなった場合の「任意売却」とは

どうしても家を売らないと
いけなくなった場合の
「任意売却」とは

住宅ローンの返済が不可能になった住宅は最終的に、金融機関などの債権者が担保不動産を差し押さえ、不動産競売の申立を行うことになります。住んでいた人にとって不利でしかない「競売」にかけられる前に、融資した銀行などの金融機関との合意に基づき、不動産を売却するのが「任意売却」です。返済しきれない債務を残したままであっても、一般市場で売却するため、競売にかけるよりも高く売却できる可能性が高いです。このとき、住宅の売却価格よりも住宅ローンの残高の方が多い(オーバーローン)場合は、自分の意思だけでは売却できません。この場合、任意売却を扱う業者が債権者と交渉し、抵当権を外してもらった上で時価による売却が可能になります。このような案件も、当社へお任せいただくことができます。

新型コロナの影響による住宅ローンのお悩みも、ぜひ当社へご相談ください

新型コロナの影響による住宅ローンのお悩みも、ぜひ当社へご相談ください

新型コロナの影響による業績の悪化や出勤停止、さらに倒産や解雇などで、住宅ローンの返済が厳しいと感じるご家庭が増えています。また、経済の悪化などによる物価上昇により、出費も増加傾向です。不動産のプロである「株式会社CREST」では、難しくなった住宅ローン返済についてのご相談も親身にお伺いしています。豊富な実績とネットワークで、お客様のご状況やご希望を踏まえたご提案や情報提供が可能です。どんな些細なことでもかまいませんので、お気軽にご相談ください。

任意売却と競売の比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

競売 任意売却
売買価格 時価の70%ほどの売却基準金額を裁判所が決め、そこからさらに20%下回る額から入札されていきます。このようにかなり低い価格で入札されるので、多くの債務が残るおそれがあります。 通常は一般市場で買い手を探すため、時価で売却することができます。残債を多く減らすことが可能です。
余剰金 売却代金は債権者への支払いに充てられるので、1円も手元に残りません。そのため、強制退去を命じられても、引越し費用の捻出も不可能となります。 債権者と交渉することで、引越費用や生活資金として手元に資金を残せる可能性があります。
引越時期
引越先
こちらの都合は関係なく、落札者都合で立ち退きを命じられます。強制退去を求められることもあります。 引越時期など希望を考慮してもらえます。また、不動産会社に引越先探しの相談をすることもできます。
残債務 残債務は支払い義務があるので、残債務の処理について自分自身で模索する必要があります。 無理なく少しずつ返済できるように、金融機関との交渉が可能です。
プライバシーの保護 競売物件として新聞やチラシ、インターネットで公開されます。また、競売業者が近所に聞き込みに回る場合もあります。そのため、プライバシー保護が難しく、近所に知られてしまうおそれがあります。 秘密厳守で売却できるので、近所に事情を知られることなく手続きができます。そのため、気負いせず住み慣れた地域にそのまま住み続けることも可能です。
生活再建 先行きが見えない状態になるので、前向きな準備ができません。ストレスなど心理的負担がとても大きいでしょう。 早期に生活再建が行えるため、前向きな気持ちで新生活への準備ができます。
離婚の際の不動産問題についてもご相談ください

離婚の際の不動産問題についてもご相談ください

離婚となった場合、夫婦で購入した戸建てやマンションにどちらかがそのまま居住するケースがあります。このとき、住宅ローンが残っている場合にはトラブルの元になることがあるので注意が必要です。例えば、夫婦共働きの収入で住宅を購入しローンを組んだため、片方だけの収入では住宅ローンの支払いが難しく、やがて滞納してしまったという事例もあります。そのため、これからも住宅ローンを払い続けられるのか、それとも別の方法を取ったほうが良いのかなど適切な判断が求められます。経験豊富な当社では、お客様のご状況やご希望に沿ったご提案をすることが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

任意売却できる期間は決まっています!

※表は左右にスクロールして確認することができます。

滞納の時期 状況 任意売却の可否
  • ローン滞納前
毎月の支払いはしているが、苦しい状況になってきました。早めの対策が必要です。 可能
  • ローン滞納3ヶ月以内
金融機関から催促状や一括弁済通知が届くようになります。何もしないでいると競売にかけられてしまうので、対処が必要です。 可能
  • ローン滞納4ヶ月以内
不動産の競売開始の通知が届きます。通知から4~5ヶ月で競売が行われます。 可能
  • ローン滞納6ヶ月以上
裁判所から競売の執行官がやってきて、家の写真撮影など調査を行います。競売が目前に迫ってきています。 可能
  • それ以降
競売で落札されると、立ち退きを求められます。競売入札日以降の任意売却は不可能です。競売手続きが始まる前にご相談ください。 不可

任意売却と不動産買取について

任意売却と不動産買取について

一般的に不動産を売却するときには大きく分けて2つの方法がありますが、一般から買い主様を見つける「仲介」と、不動産会社が直接買い取る「買取」では、仲介の方が売却金額が高くなります。
これは、リフォーム等を行って不動産に付加価値をつけるためであり、不当に安く買い叩いているわけではありません。そのため、一般的に不動産買取では、市場価格の60~80%ぐらいの価格が相場となります。

一方、住宅ローンの返済が困難になった場合に行われる「任意売却」の場合、物件の販売価格の決定には、銀行や住宅金融支援機構など債権者の同意が必要となります。しかし、市場価格の60〜80%という金額では競売と変わらない額となるため、より多くの回収を望む債権者としては同意しない場合が多いのが現状です。
また、住宅金融支援機構の住宅ローンである場合、任意売却へ手続きをすすめる時には仲介業者との媒介契約が求められます。「売り主様が直接買い手を見つけてきた」という形で業者に買い取ってもらうことも可能ではありますが、これも住宅金融支援機構が認めなければ、実行することはできません。

住宅金融支援機構は、債権額(住宅ローンの残債)が多い場合、売却金額にもシビアであるため、不動産会社が直接買い取る場合の買取金額では認めてもらえないと考えたほうが良いでしょう。

遠方のお客様でもまずはお問い合わせ下さい

遠方のお客様でもまずはお問い合わせ下さい

遠方にお住まいのお客様も、「株式会社CREST」へお気軽にご相談ください。当社では遠方のお客様とのお取引実績も多数あり、ご要望がありましたらオンラインでの打ち合せも行っております。コロナ禍で遠距離移動が難しい場合にも、柔軟に対応致します。豊富な実績・経験がある当社スタッフの、ストレスを感じないスムーズな対応で、多くのお客様に喜ばれております。どんな些細なことでもかまいませんので、お気軽にお問い合わせください。